[レビュー]Joyetech Exceed D19 スターターキット

0 Comments
kaito
MG3Joyetechexceedd19review.png

以前所有していた電子タバコグッツはすべて処分してしまったので、VAPE復帰にあたり何が良いか色々ネット検索した上で適当に決めたのがコイツ。Joyetech(ジョイテック)のEXCEED D19(エクシード D19)というスターターキットになります。Joyetechなら…という思い込みというよりブランド名で決めました。他にもペン型スターターキットなら同じくJoyetechのeGo AIOやJUSTFOGのFOG1というのも良さそうだったのですが、その辺は後々試すということで。VAPE復帰第1弾は”Joyetech EXCEED D19”スターターキットにしました。

Joyetech EXCEED D19 スターターキット買ったぞ


MG3P_20171129_185817_vHDR_Auto.jpg

http://www.joyetech.com/product/exceed-d19-kit/

細かいことは公式ページを見ていただくとして、この”EXCEED D19”は2017年12月現在Joyetech最新のペン型スターターキットです。

特徴は
・アトマイザー/バッテリー分離タイプ(一体型じゃない)
・ノーマル出力と定電圧出力
・ボトムエアフローアトマイザー

アトマイザー/バッテリー分離タイプ


MG3P_20180110_023924_vHDR_Auto.jpg

この”EXCEED D19”はアトマイザーとバッテリーが完全に分離するタイプです。
接続は510口金で一体型に比べ汎用性があります。このEXCEED D19のアトマイザーを他の510口金接続なバッテリーに搭載したり、EXCEED D19のバッテリーに他の510口金接続なアトマイザーを載せたりできます。

2つの出力モード


・直接出力モード…バッテリーなりに出力が弱っていくモード。
・定電圧出力モード…バッテリー出力を制御して一定電圧を保つモード。

ボトムエアフローアトマイザー


タンクの下側からエアーを吸入するタイプ。
一般的にボトムフロータイプはトップフロータイプに比べ漏れに弱く味に強いらしいです。

内容物


MG3P_20171221_190951_vHDR_Auto.jpg

・EXCEED D19本体 (バッテリー&アトマイザー)
・コイル2個 (0.5ohm&1.2ohm)
・USBケーブル (充電用)
・スペアパーツ (ガラスチューブ1個、Oリング)
・その他紙類 (説明書など)

Joyetech EXCEED D19 レビュー


以前使用していた機材は2013年ころのものです。eGo-TやCE4の頃です。その頃との比較になる部分がありますのでお読みいただく際には注意願います。

手元に届いてまず驚いたのはその質感。


以前(2011~2013年頃のVAPE用品)とは比べ物にならないほど質感が高いことに驚いた。正直たかが消耗品にここまでの質感はいらないだろと思う。そんなに長持ちするものでもないだろうに。だが質感が高いことには超満足なんで時代が進んだことに感謝しておく。以前のようにラフに扱うのではなく、キチンと扱いたくなるような印象だ。昔はおもちゃ感があったのに、これはもうおもちゃ感が無く製品って感じ。

以前はすぐ塗装が剥がれて見た目的に汚くなってしまうことが多かった。俺的には気にしないのだが、周りの目が気になった。んで塗装が剥がれても比較的ボロく見えない色(シルバー)を使っていた。今回も問答無用でシルバーを買ったんだが上記のように質感が非常によろしい。これなら塗装もすっごく良くなっているかもしれない。ってことで後日色違いもポチりました。何か月か後に塗装の具合も追記する予定。

なんでもいいけど肝心なのは味


まずこのEXCEED D19には2種類のコイルが1つずつ付属している。
1つは1.2ohmのMTL用。(一度口に含んで電子タバコ外して肺に吸い込む吸い方用)
もう1つは0.5ohmのDL用。(直接肺に吸い込む吸い方用)

以前からアトマイザーにはドローの重い軽いってのはあって、今思えばMTL用とDL用だったってことになるな。個人的にはドローが重いほうが好みで吸い方もMTL。

ちなみに環境
・EXCEED D19バッテリー&アトマイザー
・Eleafニコチンベース+ファンタジーPG/VG(50:50)+FlavourArt Hypnotic Mist

この1か月半の間にスターターキット(色違い)を追加して、8割方このEXCEED D19で回しているんだけど、昔(IMIST/CE4)の頃とは比べ物にならない(気がする。IMIST・CE4は今もう持っていないので脳内イメージ比較でしかないんだけども。
ちなみに8割EXCEED D19で残りの2割は…テクニカルMOD(Pico)と自分でコイルを巻くタイプのアトマイザー(RBA)を使っている。というかEXCEED D19を超えられないので試行錯誤しながら練習中。その点このEXCEED D19ときたら何もしなくても美味いからもうRBAいらないんじゃないかと。

これめちゃくちゃいいよ。

味が濃いし、しっかり出る。
吸うときの味と吐くときの味と全部出る。

特に0.5ohmのDL用コイルが自分には合っている。Hypnotic Mistの味がもう超濃厚で、正直ちょっと濃すぎると感じることもあるくらい。個人的にドンピシャなのは、DL用コイルだけどエアフローを絞ったとき。

MG3P_20180112_200153_vHDR_Auto.jpg

このくらいが個人的好み。
でもこの状態で吸い続けるとすぐにアトマイザーが熱くなってしまうので、コイル温度とエアー量の関係は適切ではないでしょう。でもこの状態がめちゃくちゃ美味い。熱くなってしまって更に吸い続けたいときはエアーホールをもっと開けるしか無いが、それでも美味い。

コイルの寿命については、リキッドや吸う量によってなので何とも言い難いところがある。

MG3P_20180108_041615_vHDR_Auto.jpg
1か月の内、6割くらい使ったであろう1個目の0.5ohmコイル。
味に変化が出るまで使い続けた。
んでバラシてみたらこの状態。
草はえますね。

リキッドや吸う量によるが、個人的にはこれ1つで運用した場合、2週間程度と言えそうだ。
製品の個体差も加味して、10日~20日くらいは持ちそう。平均15日ってところかな。
まだ0.5ohmコイルを2個しか使っていないが、2個目も1個目と同じ感じで手応えを感じる。

正直、RBAのコイル巻く練習するよりもEXCEED D19のコイルを巻きなおした方に注力したほうがゴールが近いかもと思って、リビルド中。まだ同じ味まで辿り着けていない。

因みに、1.2ohmのMTL用コイルはこれはこれで別にアリだと思う。
0.5ohmコイルに比べ、味・ミスト共に控え目。ほのかに香る味が薄いのを吸いたいときなんかには合っている。
但し、イガりやすいかもしれん。
1つ目のコイルを数日使用してタンクが空なのを承知でもうちょっと…と吸ったらイガった…。イガり一発で死亡。
2つ目のコイルは使用1日目にチェーンでイガった…。即死亡。
死亡とは、もう辛くてそれ以上使えない状態です。
それ以降、0.5ohmコイルが美味しすぎて1.2ohmコイルの出番は無い状態です。
フレーバーや粘度などまだまだ試すことはあるんですが、優先順位が後回しになっています。

MG3P_20171222_053230_vHDR_Auto.jpg
これが1.2ohmのイガったコイル。
見事に焦げてますね。
もう辛くて辛くてこれ以上使えません。
0.5ohmの上の写真のコイルは辛いけどまだ使える状態でした。

漏れじゅるり他問題点


若干漏れ有り
じゅるり無し
その他問題無し

これを漏れと言うのか分からないが写真を見ていただきたい。
MG3P_20171212_195601_vHDR_Auto.jpg

このトップキャップドリップチップ一体型のパーツとアトマイザーの上端パーツの間から、写真のように丸い感じで漏れてくることがある。これはちょくちょく吸う(3~5回吸ったらストップ)場合には起こらない。アトマイザーが熱いのもお構いなしにガンガン吸っているときにサクッと起こる。リキッドによるかもしれないがまだ分からない。そしてたまに起こるんじゃなくてしょっちゅう起こる。これもまた使っていく内に後々アップデートしたいと思っている。

まとめ


・質感はとても良い
・小型軽量
・トップチャージでリキッドのチャージが楽
・アトマイザーの洗浄が楽
・ガンガン吸うと水滴漏れする
・とても美味しい

お手軽・安い・味出ると3拍子揃ったスターターキットだと思います。

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。